top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 raudal(ラウダル)=激流・氾濫 英:torrent 葡:torrente

昨年後半は渇水による河川の水位低下や作物への影響に苦しんだパラグアイですが、今年に入って大雨が続いており、一転して至る所で冠水の被害が発生しています。

これは公共工事省MOPCが手掛ける動植物公園脇の高架工事現場で噴出した雨水と思いきや、先ほど実際に現場に行って見ましたが雨が止んでもgeiser(間欠泉)は勢いを減じていなかったので、水道管の破裂が発生したのかも知れません。


パラグアイ川の水位もこの一週間で一気に上昇して交通の運航には適切なレベルに回復しています。


水の災難だけでなく、今日未明には国営石油会社Petroparのアルコールタンクから火災が発生、消防車100台以上が出動して消火に当たった模様ですが、正に水攻め火攻めの週末となったアスンシオンでした。

ところで、先週お伝えした銀行合併のニュースですが、BBVA銀行を吸収した新生GNB銀行は預金量・貸付額共にパラグアイ最大の銀行にのし上がったこと、記事を読んだ方からご指摘を受けました。

訂正してお詫びします。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page