top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 pronóstico(プロノスティコ)=予測・予想 英:forecast 葡:previsão

2017年6月4日

実業家出身カルテス大統領の傘下なので、情報は常に政府寄りと言われるLa Nacion紙ですが、今年のパラグアイの経済成長見通し(pronóstico de crecimiento del PIB)が国際通貨基金IMFによって上方修正されたというニュースは、客観的な事実を報じています。 http://www.lanacion.com.py/destacado_edicion_impresa/2017/06/03/fmi-aumenta-su-pronostico-de-crecimiento-del-pib-local-a-43/

この記事によりますと、IMF(スペイン語ではFMI)は年初にパラグアイのGDP成長率を3.3%と予想していたものを、今回の見直しで4.3%に修正したそうで、その他の金融機関等も軒並み3~5%の経済成長を見込んでいます。

📷

パラグアイに着任して1年が経過しましたが、最初に当地を訪れた2015年1月から2年半を経て、本当にこの国の経済成長のスピードに驚かされています。

2012年にリマに赴任した時に同じ印象を持ち、ペルーが現在も南米の優等生の地位に定着したことを思うと、パラグアイの地味な安定感と現在の成長ぶりが続けば、将来は素晴らしい国になるだろうとの予感を抱かせてくれます。


因みに再選を目指していたカルテス大統領は、3月末に発生した反対派の暴動騒ぎから4月に再選を断念、先週は後継候補として弱冠39歳のSantiago Peña財務大臣が与党コロラド党の正式候補として指名されました。

📷

パラグアイ政界のプリンスの登板となる訳ですが、本人は昨日の電子版でも“Sueño con un Paraguay mejor”(パラグアイをより良くする夢)との抱負を語っていました。

一方、錦織選手の活躍が期待されているフレンチオープンテニス大会ですが、パラグアイのVerónica Cepede Royg選手もロシアやコロンビアの強豪を破り、勝ち進んでいます。

パラグアイはテニスも人気のスポーツで、1979年には同じフレンチオープン(パラグアイではフランス風にRoland Garrosと言います)でVíctor Manuel Pecci選手がBjörn Borg選手と決勝を戦って準優勝し、国民的英雄になっています。

📷 記念切手にも登場したペッシ氏は現在スポーツ庁長官。

日本の鈴木大地氏と同じ、選手出身の政治家となった訳ですが、地道な育成を行うパラグアイ、スポーツの分野でも明るい未来が予想されます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comentários


bottom of page