top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 OMS=世界保健機構 英:WHO

2018年6月17日

先週は日本でもオーストリアでの練習試合の御蔭でパラグアイの名前が何度も報じられましたが、いよいよロシア・ワールド杯の本番が始まり、出状できなかったパラグアイでも毎日の熱い話題になっています。

例年に比べて冷え込みの厳しい冬となっているアスンシオンですが、ラパチョの花は律義に開花し始めています。

📷 アスンシオンの冬のユニークなところは、真冬でも緑の景色が変わらない=落葉樹が極端に少ないことです。今朝の気温は3℃まで下がりましたが、樹々の緑は変わらないので、本当に身震いする寒さの中にいても、景色が冬っぽくないので、寒さは長く続かないだろうと楽観的な気分になります。

さて、今日のトピックスですが、パラグアイでマラリアが撲滅されたと世界保健機構La Organización Mundial de la Salud (OMS)が宣言しました。

最初のベネズエラ駐在だった時に隣国ガイアナに出張に行ってマラリアに罹った経験があり、それが後に癲癇発作に結びついて長年苦労しましたので、現在の居住地パラグアイでマラリアの懸念が無くなったことは大きな朗報です。

反対にベネズエラでは根絶宣言以来30年ぶりにポリオ再発生が報じられました。

このニュースはその後否定されたものの、ベネズエラは薬や薬品の不足により蚊等を媒体とする伝染病のリスクは大幅に増加しています。

パラグアイで撲滅宣言が出たと言っても地続きの南米大陸ですから、先ずはベネズエラの衛生状態が一刻も早く改善することを祈ります。

ところで、NHKのBS放送の「世界ふれあい街あるき」という番組でアスンシオンが紹介されました。一時間番組ですので、お時間に余裕のある時にご覧ください。

番組では旧市街を中心に照会されていて、発展著しい新市街は殆ど映っていませんし、少し前の撮影なので「暑い暑い」というナレーションが入っていますが、最も新しい映像であることは確かです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

bottom of page