top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 mariscal(マリスカル)=元帥 英:marshal 葡:marechal

年初からお伝えしてきたアルゼンチン~ボリビア旅行記も三回目、本当に時間が経つのは速いものです。 ボリビアの田舎町Villa Montesから国境を越えてパラグアイ チャコの中心地であるMariscal Estigarribiaまで357㎞のドライブは、ボリビア側の一部に40㎞ほど砂利道道路がある以外は完璧な舗装道路で、運転初心者の次男の練習にも最適でした。国境からMcal Estigarribiaまでの250㎞弱を一気に運転させて、すっかり慣れてカナダの新しい職場に向かうことが出来ました。 この道路、多くの地図では未完成と表示されているので、 パラグアイに永年住んでいても、ここが普通車で走れることを知らない人が殆どです。交通量も極めて少ないので、初心者の練習にはもってこいの環境です。 Mariscal José Félix Estigarribiaというのは、チャコ戦争(昭和7年-13年、ボリビアとパラグアイの戦争)の英雄であり、ボケロン県の中心の地名であるだけでなく、パラグアイ中至る所にその名を冠した通りや広場がある歴史上最も有名な人物の一人です。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%BB%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%87 珍しく日本語のWikiページがありますのでご参照ください。 南米にはMariscal誰それという名前の付いた地名は極めて多く、名前が長くなるのでMcalと短縮されるのが一般的。他にGral(General=将軍)やTte.(Teniente=中尉)という地名も多いので、軍の肩書は自然と覚える単語です。 近々公開される映画「Top Gun」の続編でも、万年Capitan(大尉)役のトム・クルーズが歳を取らない活躍を見せる様なので期待しましょう。 人口5千人程度のMcal Estigarribiaは今はただの田舎村ですが、チャコ最大の滑走路を持つ空港もあり、南米大陸の両岸を結ぶruta bioceánicaの中心地にもなる交通の要所、パラグアイ最大のスポーツイベントであるチャコラリーの拠点としても有名で、将来の発展が約束された土地とも言われています。 三国戦争と並んでパラグアイの歴史を決定付けたチャコ戦争ですが、現在はボリビアとパラグアイにまたがる料両方の地区で、この戦争を忘れないように記録する動きがありますが、ユニークなのは戦争の相手国を嫌うのではなく、戦争を繰り返さない為に記録する努力をしていること。 https://www.youtube.com/watch?v=836WMqaCMkM 南米でも隣国同士はいがみ合うケースが多いのですが、パラグアイとボリビアは不思議な友好関係を結んでいる様に感じます。パラグアイの平和を象徴する地域でもあるチャコ地方です。 このMcal Estigarribiaから520㎞のドライブでアスンシオンに戻った訳ですが、実は道路の状態はMcal Estigarribiaから200㎞程度の部分の方がその奥よりも良くなく、走りにくいのです。しかし、道路整備を担当するMOPCこを公共事業通信省の最近の働きぶりは非常に素晴らしく、マリスカルに来るたびに大きな穴凹が減っていることを実感できます。 ところで、パラグアイに本格的な日本の城郭建築があることは以前にも何度かお伝えしましたが、今週そのお城に関する新しい本が出版されました。本のタイトルは「パラグアイのおかげの話」 https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%8B%E3%81%92%E3%81%AE%E8%A9%B1-%E5%8D%97%E7%B1%B3%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%81%AB%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%95%B0%E3%80%85%E3%81%AE%E5%A5%87%E8%B7%A1%E3%81%A8%E9%AD%85%E5%8A%9B-%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8-%E7%9B%B4/dp/4286211711 チャコ地方の大牧場の記載も沢山ありますので、是非一読されることをお勧めします。 添付ファイル エリア YouTube 動画 Museo Histórico Militar de Héroes de la Guerra del Chaco をプレビュー Museo Histórico Militar de Héroes de la Guerra del Chaco


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page