top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 inmigración(イミグラシオン)=移民 英:immigration 葡:imigração

更新日:2019年2月11日

2016年9月10日

英語のスペルを覚えていた学生時代、ややこしかったのでがtomorrow等、子音が重なる単語。このimmigrationも覚えにくかったモノの一つです。

この単語を英語とスペイン語、ポルトガル語で並べてみると、やっぱり微妙にそれぞれが異なっていて、益々混乱しそうです。

で、今週の言葉inmigraciónですが、今年がパラグアイへの日本人移住が始まって80周年ということで、金曜日にパラグアイ最大のコンベンションホールであるEl Conmebol Convention Center(2008年完成、最大2700名収容)にHoracio Cartes大統領以下主要閣僚や上下院議長・最高裁長官などパラグアイ政府首脳全員をお招きし、日本からは眞子内親王の御臨席を仰いで盛大なる祝賀式典が開催されました。

📷

着席式のこの式典、当初は750名の参加者を想定し、それでも会場が大きすぎないか?とか準備が出来ないのでは?との懸念が持たれていたものの、蓋を開けてみれば出席者は900名以上、式次第も数次にわたる予行演習の成果もあってほぼスケジュール通りに全て順調に進行、実に素晴らしい祝賀会となりました。 📷 80年と言う歳月は未だ56年しか生きていない身としては長く感じる一方で、ご苦労を重ねられた先駆者の皆様には長くて短い歳月だったのではないか、と思われます。 2012年から14年まで駐在したペルーでは2014年に115周年を祝っており、ブラジルでも再来年には110周年を祝う予定ですから、これに比べるとパラグアイでの移民の歴史は比較的新しいと言えますが、総人口7千~1万人と言われる日本人社会の存在感の大きさは、総人口が小さな国だけに際立っていて、これまでも書きましたが他の南米諸国と比較しても日本人に対する信頼と親近感は格別に強い国であるように感じます。 さて、南米移民に関してはこれまでも何度もご紹介してきましたが、明治維新後政府が主導して1899年のペルーを皮切りに南米各国に展開して来ました。パラグアイに於ける移民の歴史は以下のHPに詳しく紹介されています。 http://rengoukai.org.py/ja/la-sociedad-nikkei/historia 📷 一方、政府主導でない形では、なんとアルゼンチンが南米最初の日本人移住国であることを発見しました。(関ケ原以前!) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%B3%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%B3%E4%BA%BA パラグアイに興味を抱いて頂いた方には、アマゾンで各種の紹介書籍が入手可能ですので、是非読んでみて下さい。 https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_2?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%82%A4 今回の式典の委員長は御影城城主こと前原弘道さん(上記HPの連合会会長)。 http://www.geocities.co.jp/HeartLand/3853/castillo.html サンパウロのアジア人商店街であるLibertadeには仏壇の専門店があって驚きましたが、パラグアイにおける日本は更にスケールが大きく、超驚きです。

ところで、冒頭の単語の話ですが、immigration(イミグレーション)と移民という言葉、似てると思いませんか?

鎖国を解いた日本で、外国の言葉が次々に日本語化され、オランダ語のChemieの音を漢字で当てて舎蜜(せいみ)としたように、何れかの欧州原語に漢字を当て嵌めた結果の様に思えるのですが、どなたかご存知ないでしょうか?

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page