top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 incertidumbre(インセルティドゥンブレ)=不確実・疑念 英:uncertainty 葡:incerteza

パラグアイとブラジルとの国境には発電量世界一を誇るItaipu水力発電所があり、この発電所はItaipu Binacionalという両国政府によって設立された公団が運営しています。

📷

この発電所で作られる電気は、ブラジルとパラグアイの両国に配電されますが、将来に向けての電力供給をめぐる二国間の取り決めが不正に行われたとして、契約の当事者であったパラグアイの外務大臣や公社の総裁等が今週辞任に追い込まれる事態となり、政局は今も混乱を極めています。

この記事によると、こうした不確実な状況を理由に、パラグアイの今年の成長率は下振れするとの見方が大勢を占めるようになっており、今後の経済の見通しに暗い影を落としています。

一方、世界的大手のWyndhamホテルグループ傘下のHoward Johnson Hotelがエステ市に次いでアスンシオンでも新規にホテルを開業することになりました。既にシェラトンホテルを有するマリオット系やホリデイインのIHG系等の世界大手が複数のブランドを導入してホテルの開業ラッシュに沸くアスンシオンですが、長期的な視野で観れば南米の中心でありハブ拠点化に向けて各種整備が進むパラグアイでの投資には大きな魅力があると分析しているようです。

ところで、8月1日は毎年寒さから身を守る薬草酒Carrulimを飲む日とされて、道端では色々な自家製薬草酒が販売されていました。 

📷

今年の寒さは例年になく長く続いており、本来ならラパチョの花が街中をピンク色に染めるこの季節、咲いているのは茶色で地味なマンゴの花だけで、桃源郷アスンシオンらしからぬ8月を迎えています。

📷

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

bottom of page