top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 génesis(ヘネシス)=創始・起源 英:genesis 葡:gênese

2017年9月1日

昨年、パラグアイ製のラム酒が世界ラムコンクールで銀賞と銅賞を授章したことをお伝えしました。http://www.lanacion.com.py/2016/06/19/la-base-del-exito-conviccion-para-luchar-y-lograr-un-sueno/ http://www.5dias.com.py/70573-medalla-de-bronce-para-caa-paraguaya-en-concurso-de-rones 📷 今週は、パラグアイ産のミネラルウォーターが世界有数の純度を誇り、年末までに世界に輸出されるとの記事を見つけました。génesisというブランドで販売されているこの水は、ブラジル国境イグアスの滝に近い古代玄武岩層の地下1030mから汲み出されるph8の弱アルカリ性で、我が家でも昨年の発売以来愛飲しています。 http://www.5dias.com.py/99848-agua-paraguaya-las-mas-finas-del-mundo 📷 あまり知られていませんがパラグアイは豊富で良質な水の国でもあります。 別のサイトで見つけた世界の国別水資源量、パラグアイは世界第30位となっています。(日本は26位) http://www.cartafinanciera.com/tendencia-actual/los-10-paises-con-mas-reservas-de-agua-del-mundo 国土面積では世界第60位(日本は62位)、人口順位では107位(日本は10位)となっていますので、国民一人当たりの水資源も潤沢な国と言えるでしょう。 http://top10.sakura.ne.jp/CIA-RANK2147R.html https://www.globalnote.jp/post-1555.html 美味しい酒を美味しい水で割って飲めば、暑さがぶり返した初春のパラグアイもスッキリ爽やかに乗り切れそうです。 パラグアイの酒と水の日本向け輸出の創始者になりたいと思いますが、日本側で受け手になってくれる方いらっしゃいませんか? 今週の別の記事には、ホテルの建設ブームが来訪客の増加にもつながっていると書かれています。インフラの整備が着々と進むことで来客も増え、益々発展するパラグアイ、事業を始めるなら今がチャンスかも。 📷 http://www.lanacion.com.py/destacado_edicion_impresa/2017/08/27/boom-hotelero-impulsa-desarrollo-del-turismo-corporativo/ ところで、一月弱前にご紹介したカリブ音楽Despacitoは既に再生回数35億回を超えました。 今回は懐かしいイギリスのバンド、GenesisのIn too deepを聴きながら地下千メートルのミネラルウォーターに思いを馳せてみて下さい。(再生回数は現時点で4,850,793です。) https://www.youtube.com/watch?v=Z6f2vyeO8Hs

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page