top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 febril(フェブリル)=熱っぽい 英:feverish 葡:febris

二月に入っても日本ではコロナウィルスの報道一色といった様相ですが、パラグアイでも疫病のニュースが毎日報じられています。

しかし、こちらで問題のウィルスはDengue=デング熱です。

実は先週はMario Abudo大統領自らもデング熱に感染したことが報じられました。しかし、症状は軽微だった模様で、治療で快復した後は直ちに全国を飛び回って回復ぶりをアピールしています。

デング熱もマラリアと同じ蚊を媒体とする伝染病(マラリアはハマダラ蚊、デングはヒトスジシマ蚊)で、重篤化すると厄介ですので、蚊に刺されないように注意が必要です。

年末から雨が降り始めたことによって、あちこちに水たまりが出来て、蚊が大量発生しています。新聞やテレビでも、古タイヤやガラクタ置き場などで雨水が溜まっているところを見つけたら、こまめにひっくり返して蚊の発生を防ぐように国民に呼びかけています。

しかし、上の記事によれば、今年のデング熱は過去の記録を上回る勢いで増えているそうで、特に二月Febreroにfebrilな症状を呈する患者がピークを迎えると予想しています。

今月は日本の医薬品会社が蚊の撲滅に関する画期的な製品をJICAの支援を受けてパラグアイに紹介してくれることになっています。南米でマラリアとデング熱が無くなると本当に安心ですので、このチームの活躍に期待したいものです。

ところで、ブレグジットを果たした英国の経済紙The Economistが世界の民主主義指数2019年版を発表しました。

これによると、南米で最も指数が高い国はウルグアイで、パラグアイは中の下14位(23カ国中)という成績であるそうです。 

大規模な暴動があったチリが3位で、社会主義政権に戻ったアルゼンチンが2020年も上位をキープできるとは考えられません。

ちなみに世界地図で各国のレベルが示されているので参考にしてください。

真の民主主義とは何か?について世界中で熱っぽく語り合う時代なのかも知れません。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comentarios


bottom of page