top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 estación(エスタシオン)=季節・駅・施設 英:station 葡:estação

チリの国営石油会社ENEXがパラグアイの国営会社PETROPARと提携し、ENEXブランドのガソリンスタンドestación de servicioをオープンしました。

パラグアイのモータリゼーションが進んでいることはこれまでもお伝えしてきましたが、この10年ほどでガソリンスタンドの数も急増しており、ブランド毎の競争も激化してきています。

二年前パラグアイからの撤退を決めていた隣国ブラジルのPetroBrasのスタンドをCOPETROLが買収し、看板の掛け変えをすることなく営業を続けてきていました。

また、アルゼンチンと中国のJVであるAxionがGaleriaショッピングセンターの前のEXXON MOBILの看板を掛け変えたのも4年前。

今回は、新たにチリENEXを大企業カルテスグループが誘致して、看板を掛け変えるだけでなく、設備も一新してサービス拡大を目指すものです。


旱魃による水位の低下で河川交通が厳しい状況にある中、 道路の整備も粛々と進められており、ブラジルとボリビア・チリを横断する道路の建設も驚くべきスピードで行われていて、パラグアイの農産物や工業製品の輸出も益々便利になってくることは確実です。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Kommentit


bottom of page