top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 epidemia(エピデミア)=流行病 英:epidemic 葡:epidemia

武漢発の新型コロナ肺炎がアジアだけでなく世界を震撼させていますが、パラグアイでは蚊を媒体とするDengue=デング熱が首都アスンシオンを中心に猛威を振るっています。

患者が蚊に刺されると、その蚊を通じて別の人に感染するので、患者は蚊帳で隔離されています。こうすれば、二次感染は防げます。


デング熱は南米だけでなく、アジア諸国やアフリカでも発生している疫病です。


新型コロナばかりに話題が集中していますが、東南アジアではデング熱も現在進行形の流行病として問題視されています。

また、蚊を媒体とすることから、真冬の日本では発生の懸念はないものの、季節が変われば日本でも発生の懸念はあります。

幸いにもパラグアイには日本の技術でデング熱を防ぐ取り組みが開始されています。

日本でも、まだ蚊の発生していないこの機会にこの病気のことを学習して、近所の水たまりの水を排除する習慣をつけておくことをお勧めします。  

今週は教育関係や建築関係のお客様も来られましたが、アスンシオン市内の建設ブームが続いていることに驚いていました。

拙宅の屋上から見える範囲でも、米国大使館やトヨトシ本社の建替工事を含め、10基以上のタワークレーンが運用されています。


景気のバロメーターと言われるタワークレーンが林立するパラグアイ、デング熱は日本の技術で抑え込み、建設の流行が今後も続くと益々住み易くなるでしょう。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page