top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 encender(エンセンデール)=点火する・かきたてる 英:set fire 葡:ligar

5月23日現在のパラグアイのCOVID-19感染者数は838人、死者は11人で人口100万人当たり感染者数は119人、死者は1.6人ということになり、感染者数では日本と同等、死者数は日本よりも少ないことが判ります。


パラグアイもBCG予防接種を階国民で実施している国であり、何らかの関連性があると思われます。パラグアイのBCGはブラジルからの種菌を使用しているそうで、ブラジルが世界の感染の新しい中心になっている現状から観ると変に思われるかも知れませんが、人口2億人を有する超大国ブラジルでは、BCG接種が国民全体に行き渡っているとはいいがたく、それが現在の感染拡大に繋がっているのではないか、と考えます。

日本の報道では新型コロナの感染拡大の中心は南米に移った、これから冬を迎えるので益々大変になる、とも伝えられますが、パラグアイでの実感はそうした報道とは異なっています。


先週から始まった段階的外出制限の解除は来週月曜日から第二フェーズに入り、多くの業種がマスクの着用や手洗い場所の確保・検温の実施などの厳しい条件をクリアすることを前提に、営業活動の再開を認められるようになります。


しかし、 教育 と飲食業に関しては政府は慎重な姿勢を崩しておらず、それが大きな反動を招いています。


教育の分野では、学校の臨時閉鎖を三月早々に決め、結局来年1月末まで開校しない方針を固めていますが、これには父兄や教育関係者から大きな反発があり、教育大臣の罷免要求に発展しています。


一方、長期の休業命令で既に多くの倒産と廃業が出ている飲食業界ではこれ以上の休業は不可能であるとして、#EncendemosElFuego=灯を灯そう運動を発足し、来週月曜日から政府の指示に逆らって開業する意向を示しています。


これに対して保健省の副大臣は「感染防止の為にはマスクの着用は絶対必要条件であり、マスクをしたまま食事が出来ないのは当たり前なので、開業は認められない」との声明を出しており、この成り行きがどうなるか注目されています。

昨日は久々に纏まった雨が降り、気温もグッと低下して今日は晴天だったにも拘わらず日中の最高気温は17℃、明日の朝は6℃という予報で、漸く本格的な冬到来といった感じです。消えかかった経済の火を再点灯する為に、あらゆる業種が早期に再開することを願って止みません。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page