top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 disputar(ディスプタール)=競う 英:dispute 葡:disputar

南米各地で発生している騒動の背景に、中国とベネズエラ(とキューバ)の陰があることを先週お伝えしましたが、その陰は台湾との国交を維持するパラグアイにも忍び寄っています。

自然放牧されたパラグアイの牛肉が美味しいことはこれまで何度も触れてきましたし、パラグアイにとって牛肉が重要な輸出産品であることも書いてきました。 その牛肉に大陸が触手を伸ばし、台湾との関係を断つようゆさぶりをかけてきています。中国はパラグアイに対して年間10万トンの輸入枠を用意する、という甘言を以って台湾との関係切り離しを図っている訳です。 一方、台湾はこれまでの輸入枠1万トンを撤廃し、最大2万トンまで輸入を増やす方針を直ちに表明し、両国の関係維持に動きました。 https://www.lanacion.com.py/negocios_edicion_impresa/2019/12/05/las-2-china-se-disputan-la-carne-bovina-premium-paraguaya/ 昨年のパラグアイの牛肉輸出量は40万トンで世界第8位。 https://ourworldindata.org/meat-production 中国の牛肉消費量は年間850万トン、台湾は僅か18万トンで、母数が桁違いなので、主要仕向先であるチリやロシアへの輸出に陰りが出てきている今、牧畜関係者にとって大陸中国がぶら下げるニンジンは極めて美味しそうに映る訳です。

しかし、この甘い罠の陰には、南米諸国へのコントロール強化という危険が伴うことをパラグアイの関係者に理解してもらい、台湾には頑張ってこの競い合いを有利に展開して欲しいと思います。


今週の記事に最近のアスンシオンの空撮写真が掲載されていましたので、ご紹介します。日本は本格的な冬の気候、反対にこちらはこれから猛暑を迎えますが、お互いに健康に気を付けて世界と健全に競い合いましょう。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page