top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 dibujo(ディブホ)=線画・デッサン 英:drawing 葡:desenho

2016年11月12日

先週は久々に日本に出張していた為に配信を休みましたが、カブスが優勝、博多駅前に巨大な穴ぼこが出来、トランプ氏が選挙に勝つ等、印象深いニュースが沢山流れました。

特に来年二月からドナルド トランプ氏が第45代合衆国大統領になると、米国の対外政策がどう変わるか?と言う事で、ここパラグアイでも憶測記事が色々流されている様です。(帰国経由地のパリでもトランプ政権誕生のニュースばかり流れていました。)

過激発言を繰り返して唱えた新大統領の登場に、将来を懸念する声も多く聞かれますが、大人が悲観してはいけません。子供たちが明るい未来像を描けるように、明るい話題を振りまきましょう。 という事で、今日のニュースはパラグアイ南部エンカルナシオン市で、昨日川沿いの道路La CostaneraをItapua県政府が封鎖して、街の劇場建設をサポートすることを目的として、世界最長の絵を繋げるイベントを開催、見事世界一長い10㎞のデッサンを完成させました。 📷 ニュースサイトには動画も紹介されていますが、何故か端から端までドローンを飛ばした模様は映っていません。 http://www.lanacion.com.py/2016/11/11/ninos-encarnacenos-pintan-dibujo-mas-largo-del-mundo/ 今回の日本訪問でもパラグアイにもっと注目してもらうべく税制の優位性や労働環境やインフラの整備、南米周辺諸国に比べて治安が良いことなどを紹介してきましたが、教育レベルは南米域内でも必ずしも高いとは言えず、如何に子供たちに学ばせるか?が国の発展を占う上では大きな課題と言い切れます。 その意味で、こうした文化的イベントを通じて子供たちが劇場の必要性や創造性を身につければ、パラグアイは益々良い国になると思われます。 丁度同じタイミングでパラグアイ商工大臣も訪日しており、面談の機会を得たのですが、この大臣のサンパウロでの投資促進セミナーに出席した際に、流暢な英語・ポルトガル語でのプレゼンを聴き、今回はフランス語も堪能であること本人から聞いて、この政治家が描く国家の将来像に関心した次第。 明確なビジョンを以て百年の計をデッサンできる、こうした人材を如何に増やしてゆくか?がパラグアイ発展の鍵になると確信した次第です。 今週はもうひとつ、知られざる観光地としてのサンコスメ・ダミアン砂丘Las dunas de San Cosme y Damiánが消滅の危機に瀕しているとの報道を見つけました。 http://www.ultimahora.com/urgen-rescate-las-dunas-san-cosme-y-damian-joya-turistica-oculta-paraguay-n1039282.html📷 Urgen rescate de las dunas de San Cosme y Damián www.ultimahora.com Las dunas de San Cosme y Damián, en mitad del río Paraná, son uno de los principales atractivos turísticos de Paraguay, pero los fuertes vientos y tormentas están dejando a estas montañas de arena al borde de la desaparición, lo que ha levantado la alarma entre autoridades y pobladores.

これは、パラグアイとアルゼンチンの国境を流れるパラナ河の中流にある砂丘で、同地域に80年代に建設されたYacyreta水力発電ダムの所為で環境が変化してたことで出来上がった地形で、ダム周辺に街が形成されて交通の便もよくなったことで、珍しい景色や水辺の涼しさを求めて観光客が増えている場所の様です。にも関わらず、最近の気候変動により増水で水没の危機に瀕しているとのこと。 当局は水没の危険性は否定している模様ですが、ベネチア同様、水の下に沈んでしまう前に珍しい光景を目に焼き付けておくために、一度観に行く必要がありそうです。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

コメント


bottom of page