top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 combustible(コンブスチブレ)=燃料 英:fuel 葡:combustível

日経新聞で日本のガソリン消費が夏になっても増えないという記事を見つけました。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61690730Y0A710C2MM0000/ 記事によると、日本のガソリン価格は激戦区の首都圏でも120~130円/ℓとのこと。新型コロナによる移動制限によって、今後の消費も増えそうもないようですが、事情は南米も同じと思われます。 パラグアイのガソリン価格は5月20日に値下がりして、現在レギュラー=約85円/ℓ、ハイオク=97円/ℓで、日本よりは相当安いレベルを保っています。 1米ドル≒6,700グアラニで換算 南米には有名なベネズエラやブラジル、エクアドルといった産油国だけでなく、シェールガス資源も含めると化石燃料資源に恵まれた国が殆どと言って良いほど存在します。 https://oilgas-info.jogmec.go.jp/_res/projects/default_project/_project_/pdf/4/4620/201203_051a.pdf 勿論、ガソリンやLPGといった民生用燃料は然るべき精製施設で生産されますので、資源の存在=低価格という図式にはなりませんが、改めて各国の燃料価格を見比べてみると、どこの国でも比較的安価であることが判ります。 2019年10月のラテンアメリカのガソリン価格 https://www.lanacion.com.ar/el-mundo/cuanto-se-paga-combustible-america-latina-nid2294634   ボリビアの燃料価格が安く表示されていますが、これはボリビア国民に対するもので、外国人はこの二倍の価格を請求されます。また、ベネズエラも昔から水より安いガソリン価格ということで有名でしたが、現在はイランから輸入したガソリンを分け合っている状況で、市中に出回る量は限定的で、アパートの駐車場等で停めてあるクルマのタンクから燃料を抜く泥棒が横行しているそうです。  実はパラグアイはベネズエラから永年に亘ってガソリンやディーゼル燃料を輸入しており、現時点でもベネズエラ石油公社PDVSAに3億ドルの負債を抱えており、これが最近のドル高グアラニ安によってグアラニ建ての負債額が大幅に増えたことも今週の問題として報道されています。 https://www.ultimahora.com/dolar-incrementa-deuda-pdvsa-y-presiona-los-combustibles-n2895385.html パラグアイのガソリン価格推移 7月13日時点の世界各国のガソリン価格を比較した表が以下のホームページで示されています。 https://es.globalpetrolprices.com/Paraguay/gasoline_prices/ 燃料価格はその時々の原油価格にリンクして上がり下がりもしますが、自動車による内陸運送への依存度の高い南米諸国では、ディーゼルもガソリンも政策的に低レベルに抑える努力がなされています。 このように、生活必需物資は国民が気付かないところで価格の調整や税金の投入が行われていますが、コロナ後の世界では、こうした一つ一つのニュースに国民が敏感になることが要求されるものと考えます。 ところで、10月恒例の光が丘パラグアイ祭りが中止になったことを受けて、駐日パラグアイ大使Raul Florentin閣下からのご挨拶が投稿されました。残念ながら今年は中止となったパラグアイ祭りですが、祭りを実行するJICA協力隊OBの皆さんの熱意は皆さんにも感じて欲しいと思います。 https://www.youtube.com/watch?v=12AfUbOduMU&feature=youtu.be&fbclid=IwAR3J6xdSdxrJh5U4-Xa41KXTW-LOUsG5wNhYSoB5r7272q226n9HDN_NDN0 それから、パラグアイ発の経済関係電子新聞=パラグアイ・ビジネス・ニュースを発行している若者グループも居ます。パラグアイ祭りもビジネス。ニュースも活動を支える資金は重要です。是非読者の皆さんにも今後のご支援をお願いします。 https://www.facebook.com/paraguay.festival.in.Tokyo/ https://pybiznews.wixsite.com/paraguay-biz-news 今週のパラグアイの新型コロナですが、残念ながら爆発的に感染者数が増え、今日時点で3629人(809人=29%増)、死者は29人(8人=38%増)となり、行動規制の緩和もアスンシオン市周辺地区とブラジル国境においては明日以降も現状を維持することとなりました。(その他地域は明日から第4段階に緩和) 人口700万人における感染者数としては依然として低レベルのグループに入るものの、収束どころか拡大傾向にある感染者の状況には引き続き十分な警戒が必要とされます。 https://www.abc.com.py/coronavirus/ 添付ファイル エリア YouTube 動画 Saludo del Embajador Raúl FLORENTÍN ANTOLA al Comité del Festival Paraguayo en Tokio をプレビュー Saludo del Embajador Raúl FLORENTÍN ANTOLA al Comité del Festival Paraguayo en Tokio


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page