top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 cementera(セメンテラ)=セメント工場 英:cement plant

米国の同時多発テロ発生から20年目を迎えた11日、ブラジルで世界大手のセメント会社であるスイスHolcim社がブラジルの事業を売却したとのニュースが報じられました。

建設を支える重要資材であるセメントは、パラグアイでも需要が伸びていて、現在三社が合計約130万トン製造していますが、前大統領率いるカルテスグループが最新鋭100万トン能力の工場を建設中で、これが加わるとパラグアイのセメント需給バランスは大きく改善され、輸入への依存度が大きく減ることになります。


アスンシオン近郊のVilletaにあるINC=国立セメント

同じく国立セメントのVallemi工場

現在最も新しい民間資本のYguazuセメント

新しいセメント工場CECON=Cementos Concepcionの紹介ビデオ

因みに日本は世界第十位のセメント生産大国で、年間約56百万トンのセメントを生産しているようです。

国別のセメント製造量では、中国が22億トンと抜きんでて多く、インド・米国が次いでいます。

パラグアイは人口一人当たりのセメント消費量=約200㎏であり、日本の370㎏に比べてもまだまだ成長余地のある産業と言えます。


Holcimのブラジル市場撤退のニュースは、長期的な不景気から抜け出せない隣国の苦境を象徴する動きである一方、パラグアイやボリビア等の新興国の成長可能性について見直すべきキッカケを提供してくれたものと思います。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

bottom of page