top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 cachorro(カチョロ)=子犬 英:puppy 葡:filhote

2016年10月30日

日本シリーズは大勢の俄かカープファンと筋金入り赤ヘル党達の期待を裏切って日本ハムの逆転優勝と成りました。 一方、米国ではシカゴとクリーブランドという近隣都市間では世界シリーズがまだ行われています。(土曜日の現時点ではクリーブランド2勝・シカゴ1勝)

しかし、パラグアイの主要新聞でWシリーズの結果を探そうとしても、どの新聞にも書かれておらず、改めてサッカー王国パラグアイでは野球はマイナーなスポーツであることを実感しています。(野球をするのはほぼ日系社会のみ。)

で、ケーブルテレビのスポーツ専門チャンネルESPNでの野球観戦となる訳ですが、当地で視聴可能なESPNスペイン語版ではシカゴ カブスの事をロス カチョロスと呼んでいることが判り、今回ご紹介することにしました。対するインディアンズはロスインディヘノス。(ただ、ESPNのHPは英語のみでした。)http://www.espn.com/mlb/ カチョロってベネズエラでもペルーでもあまり耳にしなかった表現ですが、ブラジルでは同じ綴りでカショロと発音し、通常は犬のことを指す単語となります。で、改めてスペイン語辞書を引いてみると、確かに子犬の他に四つ足哺乳類の子を指す単語となっていて、Cub(小熊)も、Cachorroとなる訳です。熊であればOsoなので、Ositos(Osoの小さいの)という言い回しかと思いきや、ポルトガル語で犬の事を指す単語になるとは。なんともややこしい。因みに、ニューヨーク名物のホットドッグ(熱犬)は、スペイン語ではperro caliente(ペロカリエンテ)、ポルトガル語ではcachorro-quente(カショロケンチ)と少しコミカルな言い方になります。NYで屋台のホットドッグを食べるときには、これら南米風の言い方をした方が理解されやすいかも知れません。(屋台シェフの多くはラテン系です。) カブスの正式HPにはスペイン語版もあって、ここでもLos Cachorrosと表記されています。http://chicago.cubs.mlb.com/es/?c_id=chc 広島のスタンドを真っ赤に染めたカープファンの様子は、観ているだけで元気になるイメージでしたが、一方、弱小勢力になり下がったベネズエラの赤シャツ軍団は、憲法に則って罷免投票を行う様主張していた反対派や多くの国民の真摯な声を踏みにじり、飽く迄も政権にしがみついて居座る作戦に出ており、その混乱の様子は毎日パラグアイでも報じられています。 パラグアイではCartes大統領の再任を目指して憲法を改正しようという動きが活発化しており、今週は与党コロラド党の総会が開催され、シンボルカラーの赤いシャツを着た党員で会場は真っ赤に染まりました。http://www.abc.com.py/nacionales/cartes-llego-a-la-convencion-colorada-1532680.html 📷 しかし、赤いベネズエラ政府への批判の先頭に立つパラグアイ政府のトップとして、カルテス大統領自身は白い民族服アオポイに赤いスカーフといういでたちで登壇し、南米に詳しくない他地域でベネズエラと混同されない様に配慮したように思われます。http://www.mercosur.jp/03_paraguay/shop.html 📷 本日、コロンビアのカルタヘナで開催されている第25回イベロアメリカ(ラ米)サミットXXV Cumbre Iberoamericanaに出席の首脳も、今回の重要テーマの一つが混迷すえうベネズエラ問題を討議するだけに、参加者はほぼ全員白を基調にした衣装で色眼鏡に掛からない議論をしようと望んでいます。📷 勿論、一年中超高温多湿のカルタヘナでは、カリブ海地方の民族正装Guayaberaで過ごすのが凌ぎ易いから、とも言えます。https://www.google.com.py/search?q=guayabera&rlz=1C1OPRA_enPE570PE570&espv=2&biw=1600&bih=745&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwiI3rmZzIDQAhVEI5AKHYXvClcQsAQIKA 米国の大統領選挙もいよいよ終盤を迎えていますが、赤をシンボルカラーとする共和党トランプ氏が劣勢である様子を見ると、今年は赤は元気の無い色、という定義になるかもしれません。(トランプ氏は毎回討論会で赤いネクタイを締めていたことにお気付きでしたでしょうか?)

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page