top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 bicisenda(ビシセンダ)=自転車道 英:cycle road 葡:ciclovia

新型コロナの影響で、バスや電車を避けて自転車の利用が世界中で増えているようです。

ABC Color紙の電子版を見ていて見慣れない単語bicisendaを見つけたので辞書を引いてみましたが、見つかりませんでした。 とは言え、意味は簡単、bici=自転車とsenda=道をくっ付けただけですから、自転車道であることは直ぐ判ります。 これまで住んだベネズエラ・ペルー・ブラジルでも大都市では自転車専用道の整備は進んでいて、cicloviaという単語が使われるのが一般的でした。 でも、パラグアイでcicloviaという単語を探すと、Chacomerというドイツ系の車輌販売会社傘下の自転車店の登録商標ということになっています。 https://www.ciclovia.com.py/ パラグアイの首都圏でも他の南米各国に倣って自転車道の整備が進んでいて、計画では旧市街からカピアタ市までの32㎞に亘って自転車道が出来ることになっているようですが、現実には自転車の走行には極めて不向きな状況が続いています。 アスンシオン市内や近隣のLoque市、San Lorenzo市には自転車専用エリアを持つ公園が複数ありますが、この公園にたどり着くまでに狭い車道を走らなければならず、結局自動車の専用キャリアで運んで行くことになり、普通の市民の足になっているとは言えません。 パラグアイでは、公共交通と言えばバスしかありませんが、最近は感染を恐れて安価な輸入中古車を超長期の割賦で購入する市民が増えている様です。 将来的には総延長600㎞の自転車道を整備するという計画もありますが、バス専用道計画も頓挫したので、実際に出来るかどうかは全く不明です。 ABC紙の今日の一面には病院の写真が出ているので、またコロナの記事かと思いきや、なんとエステ市の病院で五つ子ちゃん達が産まれたという御目出度いニュース。女の子二人と男の子三人、母子ともに良好な状態だそうです。 今年も残すところあと一週間ちょっと。日本は随分寒くなったようですが、普通の風邪にもコロナ風邪にも気を付けてお過ごしください。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page