top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 bebida(ベビーダ)=飲み物 英:drink 葡:bebida

2018年8月11日

世界ビール記念日(DÍA INTERNACIONAL DE LA CERVEZA)が毎年8月第一金曜日(今年は3日)ということをご存知の方は多くないと思います。

偶々、先週はやけにビール関連の記事が多いと思ったら、そういうことでした。

パラグアイの言葉でも、1月20日にCervesa=ビールをご紹介しましたが、今回パラグアイが世界で一番ビールが安い国という記事が出ましたのでご紹介します。

また、パラグアイでは毎年8月1日に必ず飲まれる国民飲料Carrulimという不味い薬草酒があって、オフィスでも朝からこれを配って飲んでる写真を撮られて大笑いでした。

📷

Carrulimはパラグアイでカニャ=Cañaと呼ばれるサトウキビの酒(製法も味もブラジルのカシャサ= Cachaça ではなくラム=Ron)にrudaという薬草を漬けてレモン果汁を加えて作られるもので、一年で一番寒いこの時期にこの薬草酒を飲むことで、無病息災で過ごせるように、という習慣だそうです。

それからピンクのラパチョが満開であることは既にお伝えしましたが、実はもう一つ、市内のいたるところで咲いていながら無視されている花があるのでご紹介します。

📷 真ん中で咲いているのがラパチョ。画面右側の茶色に変色している複数の樹が綺麗でないので無視される、花をつけたマンゴです。

ラパチョの樹も多いのですが、マンゴや柑橘の樹も多いのがアスンシオンの特徴で、年末になると街路樹の熟したマンゴが道路に落ちて酸っぱい腐敗臭を発して大変になるのですが、幸いこの時期の花粉は問題にはならないようです。

飲料メーカーの方と話して、街路樹のマンゴが落ちて腐る前に収穫してジュースを作れば?と提案しましたが、農園の収穫とは違って効率が悪いので採算が取れないと言っていました。何とか有効利用する方法を考えたいものです。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

bottom of page