top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 bandera(バンデラ=旗) 英:flag 葡:bandeira

先週8月14日はパラグアイの旗日(el Día de la Bandera Paraguaya)でした。

パラグアイの国旗は表と裏でデザインが違うのが特徴です。

表はパルムの枝とオリーブの枝の上に黄色い星、裏は自由の帽子とライオン

世界でも珍しい表と裏のデザインが違うパラグアイ国旗、どこかで見かけたら注目してください。


さて、パラグアイが食料自給率世界一の国であることはこれまでもご紹介してきました。

今週はパラグアイの農業県であるCaaguazú県で作られたトマトが農牧省の運賃補助を得て首都アスンシオンに出荷されるというニュースを紹介します。

僅か10トンのトマトの運送の話が何故ニュースになるのか?しかも、パラグアイのトマト生産量は年間約5万トン(世界94位)で、74万トン・世界26位の日本と比べても取るに足らない数字のように見えます。

しかし、トマトと玉ねぎ・ジャガイモ等の農産物は大穀物生産国パラグアイにとってはニッチな産品ながら、人口700万人の健康を支える生鮮野菜として重要な意味を持っています。先週もお伝えしたアルゼンチンの通貨暴落によって隣国からこうした生鮮農産物が安く密輸されると、パラグアイの生産農家は大打撃をこうむることになるのです。

一方で、パラグアイで生産されるトマトや玉ねぎ(併せて10億ドル=約1005億円の市場価値)の半分は消費されずに廃棄処分にされているとの情報もあり、こうした食品廃棄対策もパラグアイにとっては重要な課題となっています。

今週末はパラグアイ東部の日本人移住地イグアス市で大規模なお祭りEXPO YGUAZUが開催され、日本の太鼓や歌、岩手県の鬼剣舞のパレードなど数々の素晴らしい演芸が披露されましたが、会場となったイグアス移住地中央公園入口に掲げられた日本の国旗のデザインが、妙にチャチっぽくてガッカリしました。

📷

隣のブラジルの国旗もそうですが、何故か円形の丸が小さすぎます。

国旗の日の翌週のイベント、来年はちゃんとした日章旗を掲げて欲しいものです。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page