top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 autopista(アウトピスタ)=高速道路 英:highway 葡:estrada

2018年12月15日

先々週、日本の安倍首相も来られたアスンシオンの空港は、搭乗ゲートが5つしかない田舎のバス停のような飛行場ですから、初めてパラグアイの空の玄関を降り立った方の大方の感想は「予想通り野暮ったい」というものでしょう。


しかし、空港から街に向けてクルマで走ると、その印象が一変します。パラグアイ航空史の英雄の名を冠したAutopista Silvio Pettirossiと名付けられた新道は、沿道も綺麗に整備されていて、Ñu Guasú運動公園と空軍基地の緑の中を駆け抜けると、目の前に高層ビル群が見えてきて、野暮ったい印象も拭い去られます。


下の写真はAutopista Silvio Pettrossi(左)とAutopista Ñu Guasú(真ん中)の立体交差で、真っ平らな国土で、トンネルや立体交差が無かったパラグアイでは画期的な公共インフラとなっています。(これを自慢するのは矢張り野暮?)

📷

今週は、このÑu Guasú道路にソーラーパネルで電力を自給する街灯が稼働したことがニュースになりました。

📷

総工費は約1億5千万円。国内の電力エネルギーをすべて水力発電で賄い、且つ余った電力を隣国ブラジル・アルゼンチンに輸出しているパラグアイにとって、自給の電灯の貢献度は現時点では高くありませんが、電線の届かない多くの地域にとっては明るい未来を灯す重要な最初のイベントとなった訳です。

別のニュースでは、向こう5年間で交通インフラ整備のために、さらに35億ドルが投入されるとのこと。

少しずつですが、着実にパラグアイは発展を続けています。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page