top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 auge(アウヘ)=絶頂・ブーム 英:boom 葡:boom

2018年12月29日

いよいよ2018年も最後の週末を迎えました。

木曜日に自動車燃料の新価格が発表されました。

📷

それによると、オクタン価92のガソリンがGs.5,620/L(約104円、今まで5,840)、ハイオク96がGs.6,440(約120円、今まで6,640)、ディーゼルがGs.5,900(約110円、今まで6,150)と、2~4%の値下げ。

📷

因みに今年1月に書いた記事では「ディーゼル燃料は10.5%値上がりして1リットル当たりGs.4,630(約84セント=94円)に、ガソリン(オクタン価 92)がGs.5,060(約92セント=103円)になりました。」と書いたので、現地通貨グアラニでは、この一年でまた1割ほど値上がりした訳ですが、グアラニ安傾向にあったためにドルや円に換算すると殆ど変わりなく見えます。

その通貨グアラニは、年初にGs.5,500/US$程度だったものが10月末に急激に下がってGs.6,000/US$を付け、現在はGs.5,900/US$に値を戻していますが、経済紙5 diasの予想では、来年は更にグアラニ安が進んでGs.6,100/US$程度まで進む可能性もあるようです。

📷

しかし、このグアラニ安も周辺国の通貨に比べれば遥かに安定しており、しかも米ドルをはじめ日本円まで含めて市中で簡単に換金できる便利さは変わっていません。もちろん、米ドルでの預金も可能です。

その意味でも、パラグアイへの投資の金融リスクは中南米で最も低いと言い切れます。

ところで、農業大国パラグアイですが、以前も書いた通り南米に野菜文化を持ち込んだのは日本からの移住者の皆さんです。

当然、土耕栽培ですが、今週は水耕栽培のブームがパラグアイにも到達した、とのニュースが掲載されましたのでご紹介します。

📷

記事によると、Gs.75百万(およそ140万円)で建てた温室内で昨年6月に趣味で始めた50㎡500株のレタスの水耕栽培が、今や毎月2000株を出荷するビジネスに成長したとのこと。

パラグアイでは既に日系やドイツ系の先駆的移住者の皆さんが相応規模の水耕栽培を行っており、スーパーマーケットには一年を通じて新鮮なレタスやトマトが並んでいます。

日本人にとって重要な野菜の供給も潤沢にあって、しかも金融リスクが低いパラグアイ、有望な投資先としてのブームは来年も続きますから、正月休暇中に進出戦略をご検討ください。

では、来る2019年亥年が皆様によってより良い年になることを祈念して、

Feliz fin de año y año nuevo! 

Auf Wiedersehen!!

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page