top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

エクアドルの言葉 Quito キト

2008年9月29日

出張でエクアドルの首都、Quitoに来ています。ここも公用語はスペイン語なので、今回はエクアドルの言葉として御紹介します。

言葉と言っても地名ですが、ポイントはquiの読み方。スペイン語ではquimica(キミカ=化学)やmaquinaria(マキナリア=機械)など、quiと書いて日本語的に「キ」と読む。クイトやクイミカ、マクイナリアと読まないようご注意を。

キトの飛行場は「マリスカル・スクレ国際空港」というのが正式名称であり、エクアドルをシモン・ボリーバルと共に独立に導いたスクレ元帥が最も尊敬される歴史上の人物であるようです。

通貨の単位も以前はSucreと言うものでしたが、2000年からこの8年間、何と米国のドルがそのまま流通する状態となっており、パナマと同様に米国の強い影響を感じます。

しかし、2006年に大統領となった反米左派のコレア大統領(Rafael Vicente Correa Delgado,1963年生まれ、若い!)が今年7月に圧倒的支持を受ける議会を使い、大統領権限を最大限に強化する憲法改正を行わしめ、その賛否を問う国民投票が正に本日実施され、これまでの処、賛成多数で可決される見通しで、これにより、コレア大統領が米国通貨を自国で流通させるのを停止し、新たな通貨を発行する見通しですが、識者の多くはインフレの再燃を懸念し、また、ベネズエラ同様の独裁政治化することを恐れるコメントを発しています。

とりあえず、現状はベネズエラと比べると治安は安定しており、渋滞も少なく、物価が安価であるという印象を強く受けています。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page